クラウドツールを使った業務効率化
税務・会計・経営のご相談は
創業50年の竹市会計事務所へ

選べる3つのプランはこちら(全国対応可)

スタッフ紹介

所長ご挨拶 竹市憲正

 

ページをご覧頂きありがとうございます。
竹市会計事務所所長の竹市憲正です。

おかげさまで、昭和44年に創業した当事務所も、2018年8月、創業50周年を迎えました。私も先代所長より事務所を引き継いで20年となりました。心より感謝申し上げます。

 

顧客第一主義の会計事務所
〜私たちはあなたの企業の羅針盤です〜

 

私たちはこの理念を掲げ、ビジネスオーナーの一番近いパートナーとなれるよう日々努力しています。
お客さまの多様なニーズにこたえられるよう、現状に満足せず、常に新しいことにチャレンジして参りました。

ちょうど、先代所長から私への代替わりの際は、会計のベースがそろばんからパソコンへと変わる時代でした。当時、「パソコンなんてとんでもない!そろばんしか信じられない!」先代所長は言ったものです。

ご周知の通り、今ではパソコンは世界中に普及し、人々の生活のインフラとなり、会計事務所の仕事もパソコンなしでは成り立たなくなりました。

 

さて、2020年を目前にした現在、一体どんな時代なのでしょうか?

我々は、IT・クラウドをいかに使いこなせるか?が、今後、企業経営成功の鍵の1つとなると思っています。

クラウド会計を使い会社の財務状態経営状況をリアルタイムに把握し、分析すること。目まぐるしく変わるこのご時世、会社の会計帳簿が揃うのが1ヶ月も2ヶ月も先では遅い。大企業のみならず、中小企業にも、決算を早期化し、「ナマの会計情報」を元に経営戦略を練っていくようなスピード感が求められます。

また、諸外国と比べた日本の生産性の低さが議論されていますが、その一因が中小企業のバックオフィス業務の非効率であると、私は思います。
まだまだ手書きで会計の台帳を作っていたり、同じ内容を複数の業務管理ツールになんども転記したり。現場と経理・管理部門で書類のやり取りやコミュニケーションに手間がかかっていたり等…。中小企業のバックオフィスには、課題が山積みです。クラウドERPソフトを使って、こうした非効率さを軽減していくお手伝いをしていきます。

 

私たちが今力を入れているのは、こうした会社の課題解決のお手伝いをする領域です。これまでのような会計税務のスペシャリストとしてのサポートは当たり前に、もう一歩ビジネスオーナーのみなさまの力となれるよう…
そうした思いの元、日々前進を続けております。

 

これからも、みなさまの一番近い・頼れるパートナーとなれるよう、努力してまいります。引き続きご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

2018.8月吉日 所長 竹市憲正

 

スタッフの紹介

 

女性が中心の、和気あいあいとした事務所です。

 

 

ベテランスタッフが、親身になってサポートします。

 

 

会計税務はもちろん、クラウド、資金調達、M&A、マーケティングetc.何でもご相談ください。

 

遠隔

昭和44年先代の故・竹市富一が竹市会計事務所を創業
昭和61年竹市憲正 税理士試験合格
平成9年竹市憲正 岐阜青年会議所常務理事就任
平成10年
竹市憲正 竹市会計事務所所長就任
竹市憲正 岐阜青年税理士連盟会長就任
平成18年竹市憲正 名古屋税理士会岐阜南支部副支部長就任(〜23年)
平成25年経営革新等支援機関認定
平成29年
freee認定アドバイザー登録
クラウド会計導入支援サービス開始
平成30年freee認定アドバイザー3つ星アドバイザーに昇格

 

 

 

お問い合わせはこちら
058-387-3767

 

トップページへ戻る