クラウドツールを使った業務効率化
税務・会計・経営のご相談は
創業50年の竹市会計事務所へ

選べる3つのプランはこちら(全国対応可)

創業支援・会社設立サポート

 

手数料0円!会社設立にかかる費用が最大14万円お得に

会社設立の手続きは本当に面倒…

日本がビジネス環境ランキングで低順位にとどまっている理由の一つが、その会社設立手続きの煩雑さとも言われています(日経新聞2017年10月31日号)。

 

会社設立に必ずかかるコスト

以下は会社設立をする際に役所に支払う費用等で、必ず発生します。

定款認証印紙代:40,000円
定款には4万円分の印紙を貼る必要があります。
定款認証手数料:52,000円
定款を公証役場で認証をしてもらう際に支払う費用です。
登録免許税:150,000円
会社を法務局で登記する際に発生する税金です。
会社の実印代:数千円〜1万円
会社の実印登録が必要となるため、ハンコが必要になります。

 

会社設立コストの料金比較

当事務所では、会社設立時に余分なコスト負担を強いるのは本質的ではないという思いから、会社設立後に税理士顧問契約をしていただくことを要件に、業界最安値で、スピーディに会社設立サポートをさせて頂いております。

当事務所では、新規のお客様限定で、手数料無料にて会社設立のサポートをさせて頂いております。

一般的な会社設立の手続きより最大14万円も安くなります。

一般的な会社設立竹市会計事務所
手続所要日数2週間以上最短1日
定款認証印紙代40,000円0円(※)
定款認証手数料52,000円52,000円
登録免許税150,000円150,000円
代行手数料(専門家依頼の場合)50,000〜100,000円0円
合計最大342,000円202,000円
最大14万円お得!
※ 通常5,000円かかりますが、会計ソフトfreeeご利用の場合無料になります。なお、当事務所では税務顧問契約時に会計ソフトはfreeeを指定させて頂いております。
当事務所では、「会社設立freee」の使い方をサポートさせて頂きながら、お客様の会社設立をお手伝いいたします。より専門的な知識が必要となる場合、提携パートナー(司法書士)にご紹介をさせて頂きます。
定款等の書類作成は最短1日で可能ですが、公証役場で定款の認証を受けたり、法務局で登記書類を提出し登記完了まではトータルで2週間ほどはかかりますのでご注意下さい。

 

 

お問い合わせはこちら
058-387-3767

 

会社設立後の税理士費用は?

竹市会計事務所では、お客様のご要望に合わせ選べる3つのプランをご用意しております。

ライトプランでは、業界最安値水準の月次顧問料1万円〜決算料申告書作成料無料にて承っております。

契約年度の想定売上高によって料金が異なりますので、詳細な料金は「料金表」をご確認下さい。

ライト
詳細
スタンダード
詳細
プレミアム
詳細
お客様でクラウド会計
ソフトへの
入力・記帳を
行って頂き、当事務所で
税務・申告を請負させて
頂きます
当事務所で税務だけでなく
データ入力まで代行させて
頂きます
毎月もしくは2~3か月に
1度貴社を訪問し税務相談、
経理指導等を実施します
月額料金10,000円〜
料金表
20,000円〜
料金表
25,000円〜
料金表
決算・確定申告0円0円100,000円〜
こんな方に
おすすめ

・自社で記帳を行いたい
・できれば価格を抑えたい

・本業が忙しく記帳業務を丸投げしたい
・直接会って相談がしたい
・売上規模が1億円以上
ご質問・相談 ◯
クラウド会計
ソフトの設定・導入支援・自計化支援
 ◯
経営アドバイス
・節税支援
 ◯
会計データチェック
 ◯
税務署対応・税務調査対応
 ◯
会計ソフトへの入力代行
 ◯
貴社への訪問

 

サービス・料金詳細はこちら

 

融資獲得率100%!金融機関からの融資、創業補助金等の補助金に強い

地元金融機関の融資実績が多数!

名古屋・岐阜での融資を活用した起業をお考えの方は、 ぜひお気軽にお問い合わせください。

  

各種補助金・助成金も完全サポート

竹市会計事務所は、経済産業省から認定をうけた「認定支援機関」として、皆さまの補助金申請をサポートしています。

 

日本政策金融公庫との連携

当事務所を通じての公庫への紹介制度や、最新の融資情報のご案内が可能です。

今年も無料で起業に関する相談ができる”創業相談ウィーク”が開催されます(2018年6月〜8月)
会場:名古屋、四日市、岐阜、静岡
事前申し込みが必要なので、以下よりお申し込み下さい。
http://sougyou-soudan-week.com/area2018_4/index.html

 

 

 

創業融資等に必要な事業計画書作成も徹底サポート

事業計画書の作成準備

24個の質問に答えられますか?

1これから始める事業の内容を一言で言うと?
21で答えた事業内容を具体的に説明すると?
3開業予定時期は?
4販売商品又は提供サービスの構成は?
5販売商品又は提供サービスの特徴は?
6ターゲットとする顧客層はどんな層か?
7なぜ、6で回答した層をターゲットとするか?
8店舗又は主たる事務所をその場所に決定する理由は?
9想定する商圏はどれくらいの範囲か?
10 9で回答した商圏と6で回答したターゲット層はマッチしているかを検証し、その検証結果は?
11 9で回答した商圏内におけるライバル店はどこか?
12 ライバル店の販売商品又は提供サービスはどんなものか?
13 ライバル店との客の争奪戦に勝てる理由は?
14どのような営業方針をもとに事業活動を行うか?
15営業時間は?休業日は?
16 創業した動機は?
17 創業した目的は?
18将来はどんな事業にしたいか?
19 創業する事業の経験はありますか?
20過去の経験の中の技術的なことで何を学びましたか?
21過去の経験の中の接客で何を学びましたか?
22過去の経験の中の集客で何を学びましたか?
23過去に経験した勤務先の事業上の問題点と改善点は?
24現在抱えている経営課題とその改善策は?

 

 

事業計画書の作成ステップ

全体構想、事業イメージの確立

・創業動機
・事業目的
・将来ビジョン
・市場調査

具体的な事業内容

・販売計画
・仕入計画

創業時の資金計画

・資金計画書作成

収支計画

・売上予測
・収支計画書作成

 

その他経営に関するご相談もおまかせください

創業時、相談する相手がおらず孤独を感じる経営者は多いと言います。

当事務所では、ビジネスオーナーの皆様のどんなささいな悩み・相談もしんしに向き合います。

当事務所は、MBA(経営学修士)取得のスタッフが在籍しており、経営アドバイスにも力を入れております。

 

別途、具体的な支援をご提供することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら
058-387-3767

 

トップページへ戻る