バックオフィス業務改善

 

バックオフィス業務が抱える課題

会社のバックオフィス業務には、財務会計・販売管理・人材管理・債権債務管理などの様々な業務があります。

これらのバックオフィス業務について、各部門・各業務プロセス単位で別々のシステムやツールが乱立し、システム間の情報連携を人の手で対応している会社は多いのではないでしょうか?

 

(freee資料より)

見積書の作成は紙、請求書作成はAシステム、売掛金の発生仕訳はBシステムに入力、売掛金の入金管理は銀行通帳を見ながらCシステムで….入金仕訳はまたBシステムに…

このように、システムが断絶しているが故に人手がかかり、経営状況可視化が遅延してしまっているケースはよくあります。

 

業務効率化と経営状況の早期可視化のために

竹市会計事務所では、これらの課題を解決するため、バックオフィス業務を1つのシステムに統合し一度入力したデータは二重転記しない仕組みを構築するお手伝いをします。これにより、業務効率化と経営状況のリアルタイムな把握が実現できます。

 

(freee資料より)

 

基本的に、freeeのシステムに業務基盤を寄せていく業務フロー設計を行いますが、会社の経理状況によってはfreeeと相性の良い(=自動連携できる)他ソフトを業務フローに組み込むこともあります。

各業務プロセス・各部門単位でバラバラになってしまっている財務会計・販売管理・人材管理・債権債務管理などの業務を、freeeを中心とした最先端のクラウドツールを使ってすっきりと交通整理します。

 

業務改善サービスの特徴

1.クラウド会計に精通した税理士が最適な改善プランを提案

竹市会計事務所は、全国でも数少ないfreeeの4つ星認定アドバイザーです。クラウド会計の導入実績が豊富な税理士が、御社に適した導入プランをご提案します。

導入してから軌道にのるまで、操作方法や設定の勘所などを丁寧にフォローします。

 

2.周辺機器や外部連携サービス設定も万全サポート

領収書を読み取るスマホアプリや小売・飲食・サービス店用のレジアプリ、請求書の読み取りスキャナなどの周辺機器のセッティングもサポートします。

まずフィット&ギャップ調査で御社のバックオフィス業務を整理します。そこでfreeeの基本機能のみでの業務フロー設計が難しい場合、freeeとAPIで自動連携する他社サービスを比較検討し、御社に最もフィットするシステムをご提案します。また、保守期間やその他理由で既存販売管理ソフト等の利用が不可欠な場合も、工数をかけずfreeeにそのデータを取り込み、無駄な手入力をなくす仕組みを提案します。

 

3.スムーズにシステムを導入するための乗り換えサポート

これまで利用されていた会計ソフトの過去データを、ご希望に応じ、クラウド会計ソフトに移行させます。

お客様と一緒に操作しながら、銀行口座やクレジットカードの初期設定をしますので、PC操作にご不安な方でも大丈夫です。

 

4.経営管理の仕組みづくりもお任せ

リアルタイムに会社の業績を管理するためには、freeeのタグ(「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」)をうまく設定しなければなりません。

お客様の業務の流れ、経営管理に必要な情報をしっかりとヒアリングして、freeeのレポート機能を経営に活用できるようご提案します。

 

5.嬉しい充実のサポート体制

サポート期間を3~12ヶ月設け、自動化の仕組みができるまで、訪問、電話、チャットなどでしっかりとサポートします。

クラウド会計の導入だけではなく、請求管理の省力化、人事労務管理の効率化など、バックオフィス業務全体の業務改善もご提案します。

 

 

毎月2社限定で無料相談を実施

弊所のバックオフィス業務改善支援は、基本的に既存の顧問先様限定でサービス提供を行っています。

しかしながら、まだ一般的な税理士・会計事務所ではクラウド会計を使いこなせない等の事情もあり、昨今では、数多く、クラウド会計導入・業務改善に関する新規のお問い合わせをいただくようになりました。

そこで、毎月2社限定で、弊所と税務顧問契約がない新規の方についても、バックオフィス業務改善支援を実施させていただくことにしております(法人限定)。ご興味のある方は、ぜひこの機会に無料相談をご利用ください。

受け入れ上限に達した月については、お問い合わせを頂いてもお引き受けできないこともございます。大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承いただけますと幸いです。

 

お問い合わせはこちらから