クラウドツールを使った業務効率化
税務・会計・経営のご相談は
創業50年の竹市会計事務所へ

選べる3つのプランはこちら(全国対応可)

確定申告におすすめのクラウド会計ソフトは?freeeとMFの比較

前回は、法人の方向けに、freeeとMFの比較を行いました。本日は、個人事業主向けに比較を行ってみます。

 

クラウド会計ソフトの比較〜freee(フリー)とMF〜
クラウド会計ソフトfreeeとMFを、クラウド会計専門の税理士が比較解説します。料金や機能など比較するとどっちがおすすめ?給与や請求書、経費精算、消込機能も合わせて比較します。

 

 

今回も先にまとめから。

コスト
スマホ
×
業務効率化

個人事業主についても、コスト以外はfreeeに軍配をあげています。

やはりMFは家計簿アプリがメインの会社ですから、一朝一夕にはfreeeに追いつくのはなかなか厳しいのかもしれません。

 

コスト

freeeMF
プランスタータースタンダードプレミアムベーシックベーシック(電話サポート付き)
月払い980円1,980円800円
年払い9,800円19,800円39,800円8,800円17,200円

まずコスト面を見ていきましょう。

MFは「ベーシック」という必要最低限の機能しか使えないプランしか用意がありません。

一方freeeは「スターター」、「スタンダード」、「プレミアム」と3つのプランがあります。どのプランでどの機能が使えるのか?は後ほど見ていきましょう。

価格をとにかくおさえたい!!という方にはMFのベーシックプラン800円は魅力的ですね。後述のように機能面ではfreeeに劣りますが、180円ほど、節約になります。

 

個人事業主向け料金プラン | クラウド会計ソフト freee
無料からはじめられて、低価格で利用できるクラウド型会計ソフト freee (フリー)。個人事業主様のニーズに合わせた3種類のプランをご用意。確定申告をとにかくカンタンに終わらせたい方から、日々の経理業務を効率化したい方、多くの従業員を抱える経営者など様々な規模業種業態の方にご利用いただけます。
料金|確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」
確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」の初期費用は無料、月額料金も業界最安水準でご利用いただけます。フリープランは0円で確定申告必要書類が作成できます。プレミアム会員は月額800円ですべての機能が無制限に!

 

スマホ

freeeはスマートフォンにかなり力を入れており、スマホで帳簿付けをして帳票を作成し、さらに確定申告まで完結できます。こうした機能はMFはじめ他社にはありません。

 

※iOS版 会計freeeからカンタンに確定申告を行う場合、まずアプリバージョンを2.6.0以降にアップデートする必要がありますのでご注意ください。

※現在はiPhone用アプリ(iOS)のみ対応。

【iOS】スマートフォンで確定申告を行う
対象プラン 法人プラン ミニマム ベーシック プロフェッショナル エンタープライズ 個人プラン ✓スターター ✓スタンダード ✓プレミアム   会計freeeをご利用の方は、スマートフォンから確定申告の作業を行うことができます。確定申告の内容はパソコンからも確認・追記できるほか、スマートフォンから書類を...

 

業務効率化

続いては「業務効率化ができるのか?」という観点から、機能面を見ていきます。

色々と違いはありますが、ここでは私が思う重要度の高いものだけをピックアップして記載します。

freeeMF
プランスターター
980円/月
スタンダード
1,980円/月
プレミアム
3,316円/月
ベーシック
800円/月
ベーシック
消費税申告× ××
レシート取り込み
(月5枚まで)
 ××
請求書××
自動消込 ××
個別債権債務管理×××
IB連携振込×××
定期請求書発行×××
電子帳簿保存法対応××××

 

消費税申告

まず大きな違いは、MFでは消費税の申告書が作成できないという点です。

2年前の売上が1000万円を超えていたり、前年の1〜6月の売上が1000万円を超えている等の場合は、当年度は消費税の申告をしなければなりません(いずれも税込)。

freeeはスタンダードプランからは消費税申告ができます。

ただ、980円スタータープランでは消費税申告はできません…消費税のためだけに毎月+1,000円はちょっと悩みますよね。

 

しかし!裏技があります。

例えば2月〜翌年1月はスタータープランで契約しておいて、確定申告をする2月だけ1,980円のスタンダードプランに契約変更し、消費税申告することも可能です。

この場合たった1,000円の負担で消費税申告書が作れますので、そこまでのコスト負担にはならないのではないでしょうか?

当事務所では、月額1万円〜のライトプランでも、決算書・確定申告書・消費税申告書作成料が含まれています。消費税申告書の作成が不安…という方はお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら
058-387-3767

 

レシート取り込み

freeeには、領収書やレシートをスマホのカメラで撮影し、自動で帳簿付をする便利な機能があります。

画像の読み取り機能OCRの精度について、昔はあまり評判がよくなかったようですが、2018年の確定申告時期くらいから格段によくなりました

freeeの人に聞くと、この時期にiPhoneアプリ向けの大型アップデートがあったようで、読み取り精度が97%まで向上しているようです(2018年1月時点会計freee iOSアプリのレシート読み取り機能が大幅アップデート。 読み取り機能/OCRエンジンの改善により、読み取り精度が97%に向上)。

こちらの機能、スターターでは月5枚までしか使えないので、効率化を考えるとほとんど意味はないと思います。本気で効率化をお考えなら、1,000円UPのスタンダードプランがおすすめです。

消費税のところでも書きましたが、普段は安いスターターにしておいて、確定申告の時期だけスタンダートプランに契約変更し、一気にレシートを帳簿付けするのも節約になって良いかもしれません。

ちなみに2018年6月現在、MFクラウド確定申告ではこのような機能はなく、似たような機能が「MF経費精算」で利用可能なようです。

 

請求書

MFは請求書作成機能は「MFクラウド請求書」という別サービスに分かれていますので、「MFクラウド確定申告」では一切請求書作成機能は利用できません。

その点freeeなら、980円のスタータープランでも請求書は月に何枚でも自由に作成できます。

また、請求書作成時にワンクリックで仕訳を記帳する機能もありますので、請求書を作成すれば帳簿付けまで自動で完了します。

自計化をお考えの方は、これでかなり記帳作業が楽になると思います。

竹市会計事務所では、請求書から仕訳を起こす際の初期設定のサポートを月1万円〜月次税務顧問のプラン内で無料で行っております。お気軽にご相談下さい。

 

自動消込

自動消込機能も、MFクラウド確定申告にはありません。

一方freeeなら、スタータープランから消込機能を自由に使えます。

入金管理・消し込み | クラウド会計ソフト freee
日々の入金管理と消し込み作業が簡単になります。請求書作成と連動し売掛金の処理・消し込みがスムーズになり、業務の効率化が可能です。

ただし、次に解説する個別債権債務管理のできる売掛レポート、買掛レポートはスターターでは使えません。スタンダード以上のプランから利用可能ですのでご注意ください。

 

個別債権債務管理

freeeの強みの一つが、会計ソフトなのに個別債権債務管理ができるという点です。

こちらの機能は売掛レポート・買掛レポートで利用ができますが、1,980円のスタンダード以上のプランで利用が可能です。MFクラウド確定申告にはこうした機能はありません。

そもそも個別債権債務管理って?freeeで何ができるの?という方はこちらのアドバイザーガイドを御覧ください。

freee(フリー)アドバイザーガイド

 

IB振込連携

freeeのスタンダード以上のプランでは、freee上からワンクリックで振込ができる機能も利用できます(一部の金融機関のみ対応)

また、freee上のデータから、全銀振込データを作成できる機能もあります。データをインターネットバンキングにアップロードするだけで振込が完了しますので、支払先が多い方はスタンダードプランの利用も検討されても良いかと思います。

インターネットバンキングにデータを連携して振込を行う(総合振込・振込連携)
対象プラン 法人プラン ミニマム ✓ベーシック ✓プロフェッショナル ✓エンタープライズ 個人プラン スターター ✓スタンダード ✓プレミアム   未払の状況(買掛金の一覧)は「支払管理レポート」から確認できますが、そのデータをインターネットバンキング(IB)に連携することで、そのまま銀行振込ができます...

こうした機能も、MFクラウド確定申告にはありません。

 

定期請求書発行

freeeのスタンダートプラン以上では、請求書発行を自動化できる機能が利用できます。毎月同じような請求書の発行があり、枚数が多い場合は利用すると業務がかなり楽になりますのでおすすめです。

こうした機能も、MFクラウド確定申告にはありません。

 

電子帳簿保存法対応

現状の税法規定では、個人事業主の場合、領収書、納品書は最低5年間の保存義務があります。保存場所も場所をとるし、ずっと保管するのはなかなか大変ですよね。

記帳や帳簿等保存・青色申告|国税庁

freeeのプレミアムプランでは「電子帳簿保存法」という法律に対応した、レシート類の電子保存ができる機能が利用できます。

レシート類の原本を破棄可能にする(電子帳簿保存)
対象プラン 法人プラン ミニマム ✓ベーシック ✓プロフェッショナル ✓エンタープライズ 個人プラン スターター スタンダード ✓プレミアム   平成27・28年に改正された電子帳簿保存法により、紙のレシートや請求書などについて、一定の要件を満たしてスキャンすることで原本を破棄できるようになります。  ...

ただ、こちら法律で決められた運用ルールがかなり煩雑なので、当事務所ではあまりおすすめしていないのが実情です。もう少し、法律が緩和されて使いやすい制度になってからご利用いただくのが良いかなと思います。

 

※マネーフォワードは電子帳簿保存法は未対応

「電子帳簿保存法」には、対応していますか? | マネーフォワード クラウド会計
<マネーフォワード クラウド会計>「電子帳簿保存法」には、対応していますか?ご不明点、困った時はこちらをご確認ください。

 

 

 

いかがでしたか?不明点があればお気軽に下記よりお問い合わせくださいね

 

お問い合わせはこちら
058-387-3767

竹市会計事務所では、ビジネスオーナーの皆さまのクラウド会計ソフト活用を支援しています♪

 

月次税務顧問料1万円〜決算料0円からのプラン内でクラウド会計freeeの導入支援・質問・ご相談も無料でお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

トップページへ戻る