freeeのAI月次監査機能が強化されました

今年の6月にリリースされたfreeeのAI月次監査に、大幅な機能強化がありました。

freee が「AI月次監査」機能をリリース
freeeは、人工知能を活用した「AI月次監査」機能をクラウド会計ソフト freee上で新たにリリースしたことをお知らせいたします。中小企業を中心に試算表の作成に必要な月次監査業務を効率化・自動化する機能であり、まず会計事務所向けに提供を開始します。AIを活用した監査機能をユーザー向けに提供するのは国内初の取組みです。

 

今年6月にリリースされて以降、この機能にはお世話になってきました。

既存機能では、私の理解だと以下のようなものがメインだったのですが

  • 月末残高のマイナスアラート
  • 同期残高との差額ありアラート
  • 10万円以上の支出に固定資産台帳への登録フラグ
  • 未解決のコメントがある仕訳にフラグ

 

相当拡充されたようです。良いね!と思ったのものをpick。

freeeならではの混乱ポイントにもアラートがつくようになっています。

  • 口座振替の重複確認
  • タグの重複確認
  • 大きい経費
  • クレジットカードの支払処理の確認

詳細はfreeeのヘルプを。私もまだ読み込めていないので早くキャッチアップしたい!

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/360000829403–AI%E6%9C%88%E6%AC%A1%E7%9B%A3%E6%9F%BB-%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%B8%B3%E7%B0%BF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B#2-1

 

自分でチェックのルール作成をすることもできるようになりました。

この機能は将来的には有料化するようなので、今のうちに使ってみて、継続判断するのが良さそうです。

詳細はこちらに。

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/360020914991–AI%E6%9C%88%E6%AC%A1%E7%9B%A3%E6%9F%BB-%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

 

 

様々なメディアに取り上げられていましたね。今後に期待です。

クラウド会計のフリー、「AI監査」機能を強化
クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)は、人工知能(AI)を使った月次監査の機能を強化した。会計士や税理士が顧問先の試算表を検証する監査業務で、間違いの可能性がある勘定科目を機械学習で